FC2ブログ

〓初心者〓 エレキギター入門講座 ~コード、基礎練習法からギター、アンプの種類など~

ギター初心者向けの基礎講座、練習法、弾けるようになるコツを伝授します!ギターコードから毎日の基礎練習法、tab譜の読み方など基礎知識が満載です!※その他にもギターの種類と特徴、アンプの選び方、おすすめ教則本など、実際に音を聞きながら紹介しています。

最新記事

スポンサー

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

SG 

2010/09/28
Tue. 00:14

SG


E-SG-90LT2_CH_convert_20100926204534.jpg


1952年Gibson社が発売したレスポールは出だしこそ好調でしたが、50年代後半にはその当時の勢いはなくなっていました。理由としてはその保守的な古くさいデザイン、ボディーが重く弾きにくいなどがあります。そこで打開策として今までのデザインを一新させ、新規レスポールとして世に出たのがこのSGです。
発売当初こそレスポールと名乗っていたがレスポール・スタンダードの開発者レス・ポールとの契約がここで切れてしまったため、63年から今の名前「SG」と名乗ることとなります。そしてGibson社はビートルズが活躍し新しい音楽の幕開けをした60年代に、黄金期を迎えることとなるのです。



◆構造090915_sg_main_convert_20100927082315.jpg



【ボディー・ネック・パーツ】



まずはボディーから。

レスポールの欠点というと、高すぎる生産コストです。トップにはメイプルを使い、バックにはマホガニーを使う、そしてさらにラミネイト加工を施して・・・などしていけば制作費のコストが高くなるのは当たり前ですよね。しかもトップ材に曲線を描くラミネイト加工には職人技を要し、生産性の悪さもレスポールの欠点の1つでした。

そこでその欠点を補うべく、SGはボディー材をマホガニー・ワントップにすること、厚さを薄くすることによってコスト軽減をはかり、なおかつマホガニー単版ということで比較的製造しやすいギターとなり生産性のアップにも成功しました。

またシングルカッタウェイから大きく食い込んだダブルカッタウェイにすることでハイポジションでの演奏がしやすくなっています。



【サウンド】







サウンドはその見た目からも想像つく通り、軽量化されたそのボディーから出る独特なトーンは歪みの乗りがよく、音の立ち上がりもレスポール・スタンダードとはまた一線を画したものがあります。鳴りのよい中音域にも独特な響きがあり鋭く尖った音はまさにロックといったところでしょう。

ボディーも軽く、ステージでガンガン暴れたいパフォーマンスをしたい方にはうってつけのギターになるでしょう。


ただ良い点もいっぱいあるSGですが、ちょっといただけない点も多々あります。というのもボディーが軽いためヘッド落ちという宿命を背負わされています。

ストラップで吊るした時にネック側が落ちてくるのがヘッド落ちなんですがこれも慣れが必要でSGを使っているギタリストはたくさんいますし、ヘッド落ちを気にしている様子はあまり感じられないパフォーマンスしてます。



【オススメ】 SGのメーカー


Gibson













【エレキギター】momose MSG-KORINA LTD/NJ

【エレキギター】momose MSG-KORINA LTD/NJ

価格:201,600円(税込、送料別)











スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ES-335 

2010/09/15
Wed. 19:49

ES-335
img673cdba1zikezj.jpeg

レスポール・スタンダード発売から約6年後の1958年、世界初のセミアコースティックギターとしてES-335はデビューを飾りました。普通のエレキギターに比べるとボディーは大きく、またFホールと呼ばれる穴が空いています。ソリッドボディーにアコースティックサウンドをプラスするというアイディアのもと開発されたためこのように特徴のある形になったんですが、いったいどのような構造になっているんでしょうか、またその音とは?



ES-335

◆構造



【ボディ】

まずは特徴的な大きいボディーの説明からです。セミアコースティックという言葉の反対はフルアコースティックということになるんですが、いったいどのような違いがあるのでしょうか。

まず大きな違いとして『センターブロックの有無』があります。

ceanter+block_convert_20100919170021.jpg
センターブロックというのは左の写真のような真ん中にある、木製の板のことです。これを挟むことでボディーは完全に空洞のフルアコとなるわけではなく、両サイドのみの空洞で真ん中は板があるソリッド、となります。つまりこの部分がフルでアコースティックではなくセミということなんですね。


一般的にはこのセンターブロックの有無がセミアコとフルアコとの違いになるんですが、EphiphoneのCasinoシリーズのような、中にセンターブロックがないにもかかわらずセミアコと認識されているギターも存在しています。いや、Casinoはフルアコだ!と言う方もいて、セミアコとフルアコについての定義は諸説色々と存在するのでこれについてはあまり深く言及しません。というかできないです(笑)


このセンターブロックがあるおかげで、高域の立ち上がりとソリッドボディー特有の粘りのあるサスティーン。後はハウリングに強くなるという効果を得ることができます。




【サウンド】








さて、ソリッドギターとフルアコースティックギターの良いとこ取りをしたセミアコですが、一体どのようなサウンドになるのでしょうか。


es335.jpg
一般的に言われているES-335のサウンドの特徴は『芯が太い、ソリッドより甘い響きで粘りのあるトーン』と形容され、オールジャンルの音楽で活躍できる万能ギターと言われています。
ソリッドとフルアコの中間ですからその出音はもちろん独特で個性的な響きを持ち合わせていますが、トーン、ボリュームのコントロールや、ネック側で弾くかブリッジ寄りで弾くか、または指かピックかなど、このギターの特徴は音作りに関してはとにかく幅が広いということです。
歪ませればどんどん歪んだ激しい音を作ってくれますがその音は決して耳障りなトーンではなく、ほどよく抜けたアコースティックサウンドとその風合いからヴィンテージを連想させるようなカラリとしたコシのある音を編み出してきます。
クリーンもジャズギターのような程よい箱鳴り感を感じさせてくれる太くて甘い響きの芯が通ったサウンドです。


綺麗なクリーンからクランチ。また激しく歪んだディストーションまで、幅広いサウンドを実現する素晴らしいギターですが人気があるのはこれだけではなく、その高い演奏性にも人気の秘密があります。
構造上大きいボディーになってしまったES-335ですが以外にもその弾きやさには定評があります。というのも先ほど説明した通り両サイドは空洞になっているため、個体差はありますが見た目とは裏腹にボディーの重量が約4.0kg前後と以外に軽いのです。持った感覚としてはレスポール・スタンダードより少し軽いような印象で、重さはあまり気になりませんでした。
ボディーの大きさも、抱えた感じがとてもナチュラルに体にフィットするのでさほど気になることは無いです。立って弾くのも座って弾くのもどちらでもいけます。

後はダブルカッタウェイ構造になっているのでハイポジションまで弾きやすくソロからメロディーまたはカッティングまで多くの奏法をこなせます。ロックからジャズ・ブルースまで、オールジャンルで活躍するES-335は、サウンド面だけでなく機能性にも優れているのがこのギターの特徴でしょう。




【派生モデル】

Casino

EphiphoneがGibson社に買収された後発売され、ES-330をベースに作られたアーチトップ型のモデル。一般的なモデルの型番はES-230TD。センターブロックのない構造だが、容積が小さいためセミアコに分類される。
ピックアップは通常2基のP-90(シングルコインピックアップ)を積んでいて、サウンド的にはセンターブロックが無い分通常のセミアコより太い音。生音も大きい。

【Casinoの最安値を探す!!】  【中古でCasinoを探す!!】




CS-336

ES-335とはまず基本構造が違います。335は空洞の中にセンターブロックでソリッドを足した感じですが、336の場合ソリッドの状態から空洞を作った感じです。レスポールのボディーに穴を空け空洞を作りセミにしたといった風です。
ハウリングに強く、アンプの近くで弾くときもさほど気にならにのがメリットです。
335よりもサイズが小さく軽く、音もソリッドに似たサウンドでとてもいいギターです。


【CS-336の最安値を探す!!】








最後に、同じようなフレーズを色々なセミアコで弾いた動画があったので紹介します。
やはりご本家GibsonのHistoric Collectionの335はかなりいい音していましたね。とても欲しいです。



[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

レスポール・ジュニア 

2010/09/10
Fri. 09:43

レスポール・ジュニア



Les Paul Junior
gibson-les-paul-jr.jpg

Les Paul Standardの後継機として1954年に登場したのがLes Paul Junior。Gibson社は1952年に初のソリッドギターレスポール・スタンダードを発売。製品のラインアップを充実させるために、レスポールの兼価版として発売されたのがこのLes Paul Juniorでした。


Les Paul Junior


Gibson Billie Joe Armstrong Les Paul Junior

Gibson Billie Joe Armstrong Les Paul Junior

価格:115,000円(税込、送料込)




◆構造



【ボディー・ネック・パーツ】


レスポール・スタンダードって値段も高くちょっと高級なイメージがありますよね?なぜ値段が高いのかというと、先のレスポール・スタンダードの項で説明した通り、ボディ材に2つの木が使われるラミネイト構造をとっているからです。ただそれだけではなくトップの木には職人技を要するカーヴド加工もなされ、ネックは3ピースで作っていたりと、とにかくこだわり抜いて材料にも妥協はしない、それがレスポール・スタンダードというギターなんです。一方のレスポール・ジュニア、誰でも手に入りやすいギターを目標として開発されたこのギター、まず見直されたのがその価格でした。


まずはボディーの材料ですがカーヴドトップのマホガニーをフラットトップにしたシングル・カッタウェイ。ネックも同じくマホガニーのみを使用したとにかくシンプルな構造。1つの木材でボディーを作ることにより材料費を削ることに成功します。ネックグリップは54年発売当初は極太ネックだったが、それ意向はスタンダードと同じく細いものにモデルチェンジしていく。


パーツもいたってシンプル。P-90というシングルコイルを1つ搭載し、コントロールは1ボリューム、1トーンのみ。


ホントにシンプルな構造のギターだが、ワントップ・マホガニーとP-90が相まって奏でるユニークなトーン、ボリュームとトーンのみで作り上げる音色、ピッキングの微妙なニュアンスまで拾い上げる微妙な繊細さなど、このギターに奥に秘められた魅力ははかりしれず、現在もそのファンは多い以外と人気者のギター。
そのポテンシャルをどこまで引出し自分のサウンドまで持って来れるか、そういうギター本来の楽しさを発見させてくれるのがこのレスポール・ジュニアです。



【サウンド】


レスポール・ジュニア使いで有名なのがレズリー・ウエストというギタリスト。
P-90というピックアップはその磁気の広さから複雑な倍音を多く拾い上げます。なので他のギターに比べるとハーモニクスが出やすいといった特徴があります。その特徴を活かした彼のハーモニクスは聴くものを圧倒させました。







シングルコイルとは思えないような荒い極太サウンドが特徴です。使いようによってはレスポールスタンダードよりも分厚い音を奏でることができ、または甘いサウンドまで出せることができる、とりあえずオールマイティーなギターです。
とにかくロックやハードロックといったパワーのある音楽に向いています。





【オススメ】 レスポールJrのメーカー


Gibson


ご本家、Gibsonはやはり欠かせないでしょう。魅力の1つである価格ですが10万円と少しあればGibsonのものが手にはいります。カスタムショップは20万を普通に超えてきますが。
最近の現行品は、カスタムショップのものと作りにあまり大差はないらしいです。カスタムショップのものは少し音に太さが出てくるとか…

【Gibson、レスポール・ジュニアの最安値を探す!!】


Ephiphone


ただでさえ安いレスポールジュニアがエピフォンだとここまで安くなるんですね。色もたくさん出てるしホントにギター初心者入門用にはもってこいかもしれません。しかし見た目はジュニアですが安いなりの作り方をしているので、仕様は本物とはかけ離れてますね。

【Ephiphone、レスポール・ジュニアの最安値を探す!!】

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

レスポール・スタンダード 

2010/09/02
Thu. 00:24

レスポール・スタンダード


Les Paul Standard
np0909_04.jpg

◆泣く子も黙る、フェンダーのストラトキャスターと同じくらい有名なエレキギター、それがLes Paulです。
Gibsonは時代のニーズに合わせその時その時のサウンドに合ったギターを作っていました。Les Paul Custom、Les Paul Specialなどたくさん種類があるのはそのためです。
今回は、Les Paul Standardの説明をしていきます。



Les Paul Standard


momose ML1-STD/NJ【送料無料】】【smtb-TD】【saitama】

momose ML1-STD/NJ【送料無料】】【smtb-TD】【saitama】

価格:252,000円(税込、送料込)




Gibson社がレスポールの標準モデル、としているものです。先ほども言った通りGibson社の発売するギターは「時代のニーズに合わせたギター」なので年式によって仕様が様々です。


◆構造


【ボディー】

レスポールの構造で一番特徴的な部分、それはトップにメイプル、バックにマホガニーと2つの木を組み合わせたボディー(ラミネイト構造)になっていることです。トップはカーヴド加工という優美な曲面を描くアーチの加工が施されていて(ちなみに昔は手彫りだったため職人技を要した)メイプルの固い音、マホガニーの太く甘い音というそれぞれの特徴を活かし一つの木からはなし得ない独特なサウンドを生み出すことに成功しました。ちなみにこの2つの木材の組み合わせはギターの音色決定の重要な要因になります。これがいわゆるレスポールの音を決めた画期的なアイディアだったんです。


cherry+sun+burst_convert_20100916101748.jpgフィニッシュにチェリーサンバーストが採用されたのは1958年〜1960年に製造されたのもの。ブックマッチ(左の画像のように1枚板を切り開き、木目が左右対称になるよう加工すること)の美しさを際立たせるため木目が潰れてしまうゴールドトップとは違い、あえてその木目をみせる塗装になっています。ブックマッチにする利点は
・1ピースでできる大きい材料が確保しずらい
・1枚板から加工するので左右で材質が等しく、サウンドにばらつきがない

ということです。



【ネック】


ネックに関してはオリジナルが1ピースのマホガニー。69年以降は3ピースのメイプル。1ピースの復活はリイシューモデル以降です。

ネックとボディーはセットネック方式でジョイントされていますが、年代ごとにその形状は変化してきています。また仕上げる職人によってその形状も変わってくるので一概にこの年代と断言することは難しいそうです。
また接着面を広くとることでレスポール特有の伸びやかなサスティーンを実現することができます。
ネックの太さは58年までが手応えのある太め、60年以降はスリム・シェイプが採用され薄いネックとなっていますが、しかしこれも一応の目安です。




【パーツ】


レスポールのピックアップというとハムバッカー…がイメージされますが、レスポールのオリジナルはP-90というシングル・コイルのピックアップが搭載されていました。(通称ソープ・バー)
シングル・コイルの場合上からみて表面積が大きいボビン形状の方が中低音域が豊かなサウンドになります。なのでフェンダーのシングル・コイルより太い音になるのはそういった構造の違いによります。

初めてレスポールにハムバッカーが搭載されたのは57年のことです。明るいブライトな抜けのよいサウンドが得られるシングル・コイルですが、反面ノイズを拾いやすいという致命的な問題を抱えていました。そこでそのノイズを軽減するために開発されたのがハムバッカーで、システムは2つのコイルを並べてセットし直列で繋ぎ、互いのコイルから発生するノイズを相殺しあうというものです。これによりノイズを軽減できたのはもちろんのこと、ダブルコイルならではのハイパワーサウンドも得ることができました。
(ちなみに初期モデルにはピックアップ裏にこれの特許申請中を表す【P.A.F】と書かれたシールが貼られている。もちろんコレクターにとってはよだれのたれるピックアップとなっている)




音の特徴としては


・レスポール特有の重いサウンド
・パワー感
・太く、ざらついたような音



と言ったところでしょうか。やはりレスポールと言ったら甘くて太い図太いパワフルというのが特徴でしょう。

本家Gibsonのレスポールシリーズはどれもそれなりの値段がして、誰もが憧れる高級ギターといったイメージがありますね。しかし、EphiphoneGrecoなどのメーカーは手に入りやすい値段でレスポールモデルを販売しています。(自分も最初はEphiphoneでした…)憧れの本家はあとにしておいて、最初はこういったメーカーの物を購入するのもレスポールを弾いてる!!感があっていいですよ。


ジャンルとしてはやはりハードロックやメタルなどの重たいリフを多様する曲なんかはかっこよく決まります。がんがんに歪ませた曲などを演奏する場合にはとても向いているギターです、



【お買い得!!Gibsonの中古レスポールを探すならココ】



エントリーモデル 〜20000円


【送料無料】Epiphone Les Paul Standard Plain-top 新品 ハニーバースト[エピフォン][レスポー...



【入門用レスポールギター】 【Photogenic】エレキギターレスポールスタンダード LP260 4点...



Photogenic ( フォトジェニック ) LP-400(VS)【特価品 送料無料 】【決算セール! 9/30までのプ...



【レスポール・スタンダード タイプ!】TRIUMPH LP STD HB【smtb-MS】





中堅モデル 〜100000円



Epiphone 1959 Les Paul Standard 新品 Faded Ice Tea [エピフォン][LP STD][レスポールスタン...



新生09モデル!【安心2年間保証付き♪】プレゼントキャンペーン実施中!Fujigen フジゲン FGN N...



EDWARDS E-LP-92SD VHB【smtb-ms】



【送料無料】BURNY RLG-85/HB エレキギター フェルナンデス ”バーニー”ブランド MADE IN JAPA...





上級モデル 100000円〜



【中古】Gibson Les Paul Standard 1979年製 チェリーバースト[ギブソン][レスポールスタンダー...



製作数稀少のハカランダ指板スペシャルモデルMOMOSE ML1-SP/J VS-NB



【中古】Gibson Les Paul Standard Limited Pacific Reef Blue 2005年製 [ギブソン][レスポール...



Gibson Custom Shop 1959 Les Paul Standard VOS 新品 アイスティー[ギブソンカスタムショップ]...







[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

テレキャスター・シンライン 

2010/08/25
Wed. 14:29

テレキャスター シンライン

Telecaster Thinline

fj_tn70mahod.jpg


◆テレキャスター・シンラインは1968年フェンダー社から発売されたセミソリッド構造のエレキギターです。普通のテレキャスターとどう違うのかというと、一番の特徴はボディが大きくくりぬかれていること、つまりアコースティックギターとエレキギターの中間のギターであるということです。元々テレキャスターの更なる軽量化を目指し作られていたギターでしたが、ボディーをくりぬきホロウボディーにしたことで音が独特なトーンになり、それが以外にもシンラインを使用したギタリストの評判がよくフェンダー社創業以来一度も生産が止まったことのない、人気のモデルです。



・音の特徴






◆音は基本的にテレキャスターです。

・チャキチャキしてパッキパキな乾いた音、キレのあるシャープな音

シンラインもこのテレキャスターの特徴を引き継いだ音なんですが、しかしシンラインはその特徴を残しつつセミアコ独特の空気感を持たせ、膨らみのある豊かな音を鳴らせてくれます。ハムバッカーを積んでいるというのがその要因でしょう。柔らかさの中にもシャキっとしたエッジが見え、クリーンやクランチはハスキーな音と言ったところでしょうか。
ジャンルとしてはやはり音の輪郭が見えやすいカッティング、つまり唄もののバッキングや、ピッキングのニュアンスが出やすいので指引きでブルースなどです。逆にメタルやハードロックといった低音が命!!みたいな深めの歪みが必要な音楽には向いてないかもしれません。でもまーそれも自分自身の設定次第だったりしますが。

セミアコとは言ってもどこまでいってもテレキャスターには変わりません。Gibsonの335シリーズの音とはやはり違うものです。なのでもし335の音が好きだ!という人は、シンラインにそれを求めず素直に335買いましょう(笑

フェンダー・ジャパン社のシンラインは一般的に湿っぽいと表現されますね。対してメキシコはキンキンとしているらしいです。
Fホールから張り合わせ部分覗いたら、接着材がめちゃくちゃはみ出てたみたいなこともあるらしいので、選ぶときは中を覗いてみるのもいいかもしれないです。



エントリーモデル 〜20000円


【送料無料】SX KTL-300/3TS エレキギター/特価分 シンラインタイプ 【summer SALE】



【エレキギター】SX KTL-300



【送料無料】SX KTL-300/NAT エレキギター シンラインタイプ



お買い得品♪【送料込¥18,000!】SX (エスエックス)◆KTL-300 / 3TS┣テレキャスターシンラ...





中堅モデル 〜100000円


マホボディーのシンラインTL!Fujigen / FGN NCTL-10M/MH/SH【マホガニーBODY シンライン テレ...



【YAMATO TLG-42-GU】 シンライン構造のテレキャスタイプが、ハードケース付きでこの価格!【Y...



【ギグケース、ストラップ、弦、ピック付!】【テレキャスター・シンライン!】FenderJapan TN72



FenderJapan / フェンダージャパン TN72/NAT シンライン エレキギター 【新品】【0823_送料無料...





上級モデル 100000円〜


【エレキギター】momose MTH2-STD H/NJ (WBD)



【エレキギター】Bacchus T-HOLLOW



【エレキギター】momose MTH-DX/J (3TS)【キルトトップBODY/ハカランダ指板】※2009楽器フェア...



【VINTAGE GUITAR/ヴィンテージ ギター】【フェンダー】【テレキャスター】【シンライン】197...






にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村



[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2018-12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。